すっぽん小町を飲むことでエストロゲンが上がるという噂がありますが、今回はこの噂の真相に迫ります。「そもそも、エストロゲンって何?」という人もいるでしょうから、エストロゲンとはどんなものなのかもご紹介します。

 

エストロゲンって何?

 

エストロゲンというのは、女性ホルモンの1つです。

 

エストロゲンは、女性らしさを司るホルモンとも言われており分泌量が減ると生理不順や不妊の原因になることもあります。

 

妊娠・出産においてエストロゲンは非常に重要な役割を担っているのです。また、更年期障害はエストロゲンの減少により起こります。

 

脳は、絶えず女性ホルモンを分泌するように指令を出しますがエストロゲンの分泌が減少する40代以降は卵巣の機能が低下してその指令に応えることができなくなります。

 

こういった脳と体のミスマッチが生じることで、自律神経が乱れて動機・ホットフラッシュ・うつ症状など体に様々な不快な症状が現れるのです。

 

年齢とともにエストロゲンの分泌は減少してくるので、それを見据えて早い段階からエストロゲンを積極的に補うようにしておく必要があります。

 

このように、エストロゲンは生涯女性の体に影響を及ぼす成分とも言えるでしょう。

 

すっぽん小町でエストロゲンがアップする理由は?

 

すっぽん小町でエストロゲン値がアップする理由は、アミノ酸のおかげです。

 

中でも、アミノ酸の一種であるロイシンという成分には、エストロゲン値を上げる働きがあると言われています。

 

アミノ酸は、成長ホルモンの分泌を促し新陳代謝を上げてくれる働きがあります。

 

体を若々しい状態へと保ってくれるので、妊活中の人や更年期の症状を改善したい人にもオススメです。

 

すっぽん小町は妊活中の女性にぴったり

 

すっぽん小町には、エストロゲン値を上げてくれるロイシンというアミノ酸が含まれているという話をしましたが、エストロゲンが増えれば女性ホルモンのバランスが整うため排卵も起こりやすくなります。

 

冷え症改善や、栄養補給にもぴったりなのでぜひ妊活中にも取り入れてみてくださいね。

 

まとめ

エストロゲンは、女性の一生を握るホルモンです。エストロゲンの分泌は20代から徐々に減少していき、更年期障害の原因はエストロゲンの減少によるものだと言われています。

 

すっぽん小町には、アミノ酸の一種であるロイシンが配合されており、ロイシンはエストロゲン値を上げる効果があると言われています。

 

生理不順や更年期障害に悩んでいる人や、妊活中の人まで幅広い効果が期待できるすっぽん小町は女性の強い味方です。



すっぽん小町15%OFF

↓公式サイトはコチラ↓

すっぽん小町

30日間返金保証付き!!