生理以外の時に出血があることを不正出血と言いますが、多くの女性がこれまでに1度は経験したことがあるかもしれませんね。

 

でもそういったことが何度も続くと心配になりますよね。今回はすっぽん小町は不正出血にも効果があるのかというテーマでお届けします。

 

不正出血はなぜ起こる?2種類の原因とは

 

不正出血の原因は、大きく分けて2つの原因に分かれています。

 

まず1つ目は『機能性出血』です。

 

こちらは、女性ホルモンの乱れが原因で更年期や子宮が未発達の若い女性に多く見られる不正出血です。

 

また、排卵の時に女性ホルモンがうまく分泌されずに出血が起こるのもホルモンバランスの乱れが原因です。

 

そして2つ目は『器質性出血』というものです。こちらの方は、子宮に腫瘍ができているなど何らかの異常がある場合に起こる出血です。

 

例えば、子宮内膜症や子宮頸がんなど皆さんも聞いたことがあるような病気です。こういった場合は、専門の治療が必要です。

 

不正出血があった場合は、まず自己判断をせずに1度婦人科を受診してご自身の症状が機能性出血なのか、器質性出血なのかを調べてから治療や対策を行いましょう。

 

すっぽん小町は不正出血に効果あり

 

不正出血は大きく分けて2種類の原因があるというお話をしましたが、すっぽん小町はホルモンバランスの乱れが原因で不正出血が起こる『機能性出血』に効果が期待できます。

 

すっぽん小町を飲んだ人の口コミを見ていると「生理不順が改善した」「生理痛が気にならなくなった」「更年期の症状に効果があった」など女性のホルモンバランスに何かしらの効果があるサプリメントだということがわかります。

 

そこで何が入っているのだろうと成分を見ていると、すっぽん小町には19種類のアミノ酸が含まれていることがわかりました。

 

でも、アミノ酸がどうしてホルモンバランスに効果があるのかなって思いますよね。

 

実はアミノ酸の1つであるロイシンという成分には女性ホルモンのエストロゲンの値を高める効果があると言われてるんです。

 

だから、継続して飲んでいるとホルモンバランスの乱れが改善して不正出血が起こりにくくなります。

 

まとめ

今回はすっぽん小町と、女性の気になる症状の1つである不正出血をテーマにお伝えしました。

 

不正出血は『機能性出血』と『器質性出血』の2種類に分かれており後者の場合は治療が必要です。

 

前者の場合は、ホルモンバランスの乱れが原因なので、すっぽん小町に含まれているアミノ酸の一種のロイシンという成分が効果的です。

 

ロイシンは女性ホルモンの分泌量を増やしてくれるため、すっぽん小町を飲み続けることで不正出血の改善につながるということがわかりました。



すっぽん小町15%OFF

↓公式サイトはコチラ↓

すっぽん小町

30日間返金保証付き!!