膝の関節痛を抱える人は40代以降急速に増えていきます

。「痛くて歩くのもやっと…」という人が多く、辛い症状の1つですよね。

私の母も膝の関節痛に長年悩んでいました。年齢だから仕方ないものだとはわかっていても、日常生活が不自由で「どうにかしたい!」と思っている人も多いはずです。

そういった人にもすっぽん小町はオススメです。

今回は、膝の関節痛の原因とすっぽん小町でなぜ膝の関節痛が軽減できるのかというテーマでお届けします。

膝の関節痛の原因とは?

膝の関節痛の痛みは、歩行時や階段の昇降を行った時などに起こり安静時には起こらないのが特徴です。

このような膝関節の痛みは『変形性膝関節症』という病名がついています。

原因としては運動不足などにより体重が増えたり、筋力が低下したりすることで膝関節をつないでいる軟骨部分に負荷がかかり軟骨自体がすり減って変形してしまうからなんです。

一旦すり減ってしまった軟骨は修復できないため、放っておくと症状が進行しさらに強い痛みを引き起こしてしまいます。

変形性膝関節症は、先にも述べたように動かないで安静にしていると痛まないので症状が出てから活動量が減るという患者が多いそうです。

しかし、動かないと筋力も落ち、体重も増えて膝への負担がさらに増えてしまい症状が悪化するので、辛くても無理がない程度に動くという生活を心がけましょう。

すっぽん小町で膝の関節痛が軽減できる理由とは?

膝の関節痛に効く成分として知られているのが、コラーゲンです。

すっぽん小町にはコラーゲン始め、ヒアルロン酸など膝の関節を守る潤滑油となる成分を豊富に含んでいるのが特徴です。

膝関節痛の治療法として確立している注入法などと比較すると効果は緩やかですが「関節痛の症状が軽減した」という人が多いので毎日飲んでおくと膝の関節痛が和らぐかもしれません。

まとめ

膝の関節痛は『変形性膝関節症』という病名がついており、40代以降の女性多い症状です。

原因は運動不足により筋力が低下していることと、体重の増加や加齢で膝に負荷がかかることで軟骨がすり減って痛みが生じてしまいます。

安静時は症状が出ないのが特徴で、歩行や階段の昇降など日常生活でも痛みが出るため活動量が減りますます症状が悪化する人も多いそうです。そんな時に注目していただきたい成分がコラーゲンです。

コラーゲンは、膝関節の間をつなぐ潤滑油でクッションのように膝を保護してくれる働きがあります。膝の関節痛を軽減したいという人は、すっぽん小町を飲んでみてくださいね。



すっぽん小町15%OFF

↓公式サイトはコチラ↓

すっぽん小町

30日間返金保証付き!!