すっぽん小町のDHA・EPAは動脈硬化予防もできる?

すっぽん小町には動脈硬化を予防する効果があることを知っていますか?

その秘密は、DHA・EPAという成分のおかげなんです。

動脈硬化は放っておくと命に関わる病気に進行していきます。今回は「すっぽん小町で動脈硬化を予防しよう!」というテーマでお届けします。

動脈硬化って何?原因や症状とは?

動脈硬化とは、動脈の中に中性脂肪やコレステロールが溜まりスムーズに血液が流れにくくなる症状のことを言います。動脈硬化は、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす原因とも言われているので放っておくと危険です。

でも、なぜ動脈硬化になってしまうのか疑問に感じますよね。本来血管というのはしなやかで弾力があるのですが、加齢とともに血管の状態が悪くなっていくんです。

それに加えて食生活・生活習慣など意識していないと、血液中に悪玉コレステロールが増えた状態が続きます。

この悪玉コレステロールの怖いところは、血管に吸収されてそこで固まってしまうんですね

。その塊(血栓)が弾けると心筋梗塞や脳卒中になるというわけです。心筋梗塞も脳卒中も命に関わる病気です。

こういった最悪の事態にならないように日頃から気をつけておく必要があるんです。

すっぽん小町でDHA・EPAは動脈硬化予防

すっぽん小町は、動脈硬化を予防する効果もあると言われています。

なぜなら不飽和脂肪酸(EPA・DHA)が入っているからなんです。「EPA・DHAって何?」
と思いますよね。

この成分は、オメガ3脂肪酸と呼ばれる成分で血液をきれいにする働きがあると言われています。

私たちの体の中で生成できる成分ではないので、食事やサプリメントなどから摂取しないと自然と増えることはないのが特徴です。

EPA・DHAは青魚などに多く含まれている成分ですが、最近は魚を日常的に食べる人は少ないですよね。

だから意識して摂取してあげないといけないんです。

EPAやDHAは、動脈硬化をはじめとする生活習慣病を予防する効果があると言われているので健康診断の結果で悪玉コレステロールが多い人はすっぽん小町を早めに飲んでおくことオススメします。

ビタミンやミネラルも豊富に含んでいるので、サラサラになった血液を体内に循環してくれる作用もあります。

まとめ

すっぽん小町には、不飽和脂肪酸(EPA・DHA)が入っていています。

この成分は青魚に多く含まれる成分で動脈硬化の予防効果が高いと言われています。

しかし、現代人は魚を日常的に食べる人が少ないので血管力が弱っている人が多いのが現状です。

「悪玉コレステロール値が高い」という結果が健康診断で出た人は、血管の状態が悪く血液がドロドロになっている状態です。

こういった症状を進行させないためにもすっぽん小町で血液サラサラを目指しましょう。



すっぽん小町15%OFF

↓公式サイトはコチラ↓

すっぽん小町

30日間返金保証付き!!